mv

マーケティングデータ活用サービス

SERVICE

貴社のマーケティングを、Always-Onに

photo

現代の一般生活者は、常に社会とつながっている状態(Always-On)にあります。
一方で、企業のマーケティングは、常に顧客とつながっている状態(Always-On)に十分対応できているでしょうか。

マーケティングをAlways-Onにするとき、大きな障害となっているのが、その根本である、顧客理解に関する変化です。
Always-Onの世界での顧客接点は、大部分がシステムによって担われ、顧客の姿を直接見ることができません。かわりに、そこに蓄積される大量のデータを分析することで、顧客の姿を描き出す必要があります。
一方で、その仕事を担うマーケティングデータアナリストや、データドリブンにマーケティング戦略・施策を立案するプランナーは、慢性的に不足している状況です。

DXBは、データで顧客の姿を描き出す高い洞察力をもったマーケティングデータアナリストと、描き出された顧客の姿から戦略・施策を立案するデータドリブンプランナーとが一体となったチームで、貴社のAlways-Onマーケティング推進をご支援します。

私達と一緒に、マーケティングをAlways-Onにしませんか?

サービス内容

Services

DXBのデータサイエンスチームが、あなたの右腕になります

image
image image

DXBの提供するマーケティングデータ活用サービスは、データ分析を中心に、貴社の保有するデータを、Always-Onマーケティングの戦略・施策の立案・実行にフル活用するためのご支援をさせていただくサービスです。

サービスの中核を担うのは、DXBのマーケティングデータアナリストです。マーケティングデータ分析に必要な技術を身に着けているのはもちろん、貴社の顧客をより良く理解するための高い洞察力をもっています。
それだけではありません。DXBの大きな特徴は、ここにデータドリブンマーケティングプランナーがチームとして加わることにあります。

マーケティングデータ分析を専門とするパートナー企業の多くは、プランニングについてはクライアント企業/マーケティングを専門とするパートナー企業に任せます。
また、マーケティングを専門とするパートナー企業が分析業務を担うこともありますが、多くの場合、分析についての専門性は低く、必要に応じて再委託などが行われています。
このような体制では、どうしてもミスコミュニケーションが発生しやすく、コミュニケーションコストが高くなりがちですし、データ分析の結果をマーケティング戦略や施策にフル活用するのが難しくなってしまいます。

DXBのマーケティングサイエンスチームでは、データアナリストとプランナーが一体となり、このような問題を抱えることなく、貴社のマーケティングの進化にデータ分析の効力を100%発揮させます。このチームは、きっとあなたの頼もしい右腕になってくれるはずです。

DXBの強み

Strengths of DXB

貴社のAlways-Onマーケティング推進のために、
DXBは他社にはない大きな強みをもっています

マーケティングへの強み

電通グループの一員として、マーケティングに必要なあらゆるケイパビリティを、シームレスに提供することが可能です。
デジタルマーケティングにとどまらず、マスマーケティングやイベントなど、幅広い分野で高いケイパビリティをもつグループ会社と協働できます。

データ活用への強み

ブレインパッドのグループ会社として、データ活用の高度化・システム化に必要なあらゆるケイパビリティも、シームレスに提供可能です。マーケティングにAI関連技術を組み込んだり、分析や施策実行の自動化のためのシステムを構築・導入するようなプロジェクトにも、ブレインパッドと協働して取り組むことが可能です。

課題解決

Solution to the Problem

DXBはこのような課題を解決します!

ミクロなKPI改善の積み重ねが、マクロなKPIや、KGIの改善に つながっている実感がない……

施策ごとのKPIだけでなく、それらの関係を把握して、マクロな視点から改善策を考える必要があるかもしれません

ペイドメディアでCPAを改善した結果、既存顧客のペイドメディア経由でのCVが増え、オウンドメディア経由でのCVが減ってしまっていないか?

ABテストでCVRの高いコンテンツへの誘導を増やした結果、既存顧客に好まれるコンテンツばかり充実してしまい、新規顧客に不親切なサイトになってしまっていないか?

image

調査設計に長けたマーケティングデータアナリストが、 ミクロなKPI間の関係や、マクロなKPI/KGIとのつながりを分析し、KPIの再設計を支援します

BIでデータを可視化したけど、現状の確認をするだけで、戦略立案や施策検討に役立てられてない……

別の観点からデータを見る必要があるかもしれません

下図は、あるアパレルブランドの会員の年代別人数ですが、この図だけを見るのと、
国勢調査の年代別人口(https://www.stat.go.jp/data/jinsui/2017np/index.html)を並べてみるのとでは、どちらが戦略立案に役立ちそうですか?

image

広い視野をもつデータサイエンティストが、貴社のデータの価値を高めるお手伝いをします

マーケティングツールを施策実行だけでなく、分析にも活用したいけど、リソースが無い……

GA360など、取得したデータを出力できるツールを利用しているなら、それを分析することで、業績改善の契機がつかめるかもしれません

新規来訪ユーザーが初めてCVするまでに、どのくらいの期間・セッション数が必要ですか?それはサイトのCVRにどのような影響を及ぼしますか?

リピーターのサイト来訪・CVの間隔はどのくらいですか?それはCRM施策の設計にどのような影響を及ぼしますか?

image

洞察力の高いマーケティングデータアナリストが、データ分析による顧客理解の深化と、それに基づく施策の改善を支援します

TOP